日本の労働市場は長らく「若手中心」の風潮が強く、特に大都市圏での高収入を望む場合、若手のうちにキャリアを築くことが求められてきた。しかし、近年、東京都内での60代の求人動向に目を向けると、驚きのデータが浮かび上がる。特に警備員の職種における平均月収が、信じがたいほどの高額になっていることがわかる。

続きを読む>>